本会におけるCOI(conflict of interest:利益相反)について

PEG・在宅医療学会では平成29年1月1日から利益相反の指針・細則に従い利益相反マネージメントを実施いたします。このことから、平成29年1月以降に学会発表や論文発表を行う場合には、この利益相反状態の開示が必須条件となります。

※利益相反(COI)とは、本学会が推進する医学医療の研究により、社会に還元される公的利益と産学連携等により生じる私的利益があり、このような二つの利益が学会員個人の中に生じる状態を指します。

PEG・在宅医療学会COI規定の概要

対象者 1.学会の役員・代議員・学術評議員・委員
2.COIが生じる可能性がある学会の全ての会員
3.学会が行う学術集会で発表ないし学会誌において論文発表を行う会員・非会員
対象とする活動 学会が関わる全ての事業活動
・学術集会での発表
・学会誌での論文発表 等
開示項目

項目

金額及び条件

対象者

役員・顧問職 100万円以上 申告者及び
申告者の配偶者・一親等以内の親族・あるいは収入・財産を共有する者
株の保有 利益100万円以上もしくは全株式の5%保有
特許権使用料 100万円以上
講演料など 50万円以上 申告者のみ
原稿料 50万円以上
研究費 100万円以上
奨学(奨励)寄付金 100万円以上
その他報酬 5万円以上
開示方法 1.前年の利益相反関係を、PEG・在宅医療学会COI委員会に自己申告する。
2.学術集会発表時に定められた様式で利益相反関係を開示する。
3.学会誌投稿時に定められた様式で利益相反関係を開示する。

詳細についてはPEG・在宅医療学会「医学研究のCOI(利益相反)に関する指針・細則」をご確認ください。

手続きについて

対象期間は前年度8月1日から7月31日までです。 申告の際は細則に基づいて当学会が指定した様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、PEG・在宅医療学会COI委員会まで申告してください。

各種COIフォーム

1.学術講演発表時の申告フォーム

[様式1] 発表者(共同演者含む)COI申告書 (PDFファイル:47KB)
[様式1] 発表者(共同演者含む)COI申告書 (excelファイル:13KB)

講   演:主題演題 ※スクリーンの最初に掲示
スライド用:[様式1-A] 申告すべきCOI状態が「ある」場合 (powerpointファイル:41KB)
スライド用:[様式1-B] 申告すべきCOI状態が「ない」場合 (powerpointファイル:41KB)
※スライドは作成例です。記載内容が含まれていれば様式変更は可です。

2.研究会会誌投稿時の申告フォーム

[様式2] 著者のCOI申告書 (PDFファイル:307KB)
[様式2] 著者のCOI申告書 (excelファイル:15KB)

3.研究会役員・幹事等の申告フォーム

[様式3] 役員等COI申告書 (PDFファイル:163KB)
[様式3] 役員等COI申告書 (excelファイル:25KB)

提出について

下記いずれかの方法で提出して下さい。
注※学術集会発表時の申告書については、学術集会の運営事務局に提出して下さい。
詳細については、学術集会HP演題募集のページを参照してください。

1.電子メール peg-office@umin.org
※表題に「COI自己申告」と記入して下さい。
2.郵送 〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-13-22
大阪市立総合医療センター消化器外科内
PEG・在宅医療学会 COI委員会 宛
3.FAX PEG・在宅医療学会 COI委員会 宛
FAX番号:06-6167-7186